phat tuesday sound news & more 2010

ファットチューズデイサウンドのブログです。

equipments review

SPL 2Control

SPLのモニターコントローラーは2Controlです。アクティブモニター時代に台頭したいわゆるパッシブプリアンプ&モニターセレクター。モニター環境の要の機器となると見る目、聴く耳もシビアにならざるを得ませんが、さて。

SPL2C


SPLはドイツの有名なプローディオメーカーなんだけど日本でのブランドとしての位置付けはいまいちサブっぽい扱いな気がする。チューのも正統派なプリアンプやEQ、コンプなんか作っているもののそれらの機器よりトランジェントデザイナーやバイタライザーなど裏技隠し玉的機器にヒット製品があることに他ならない。今じゃ皆プラグインでよく使われているものばかり。

そんなSPLだけれども個人的にはやっぱ遊びのないドイツ製で、EURO圏でタフなアナログ機器を作ってるメーカーと言えばってそれって感じのイメージ。基本音のカラーはアメリカ製みたいにバカっぽくなくて、イギリス製みたいに煮詰まってもなく素直なファット&ハイファイを地で行く感じで実は理想(英米)と現実(日本)に立つ?自分が見据えるべきオーディオイメージに一番近い音をブランドカラーとしてる。カルテと別件バウアーしかドイツ語を知らない僕が一番シンパシーを感じる欧米感性が結局ドイツなのかと思うと笑える。

さておき、BenchmarkのADC1&DAC1に変わってノリで入れたUniversalAudio2192が純粋なAD/DACだったもんで急遽その代わりにモニターコントローラーが必要になったのが経緯。Benchmark DAC1はやっぱ優秀でしばらく代用が見つからなくてよっぽど買いなおそうかと思ってたところこのSPL 2Controlがずっと使ってきたみたいに馴染んだ。とてもよろし。壊れたらまた買うだろうくらいお気に入りになりました。

ちなみにヘッドホン出力の脇にあるCrossfeedというボタンでヘッドホンでもリアルスピーカーを鳴らしているようにモニタリングできるとある機能がなかなかそれっぽいステレオイメージが拾えて、面白く便利ですが!これでヘッドホンによる秀逸なステレオミックスが行えてしまうようなことはおそらく無理です。ささやかな夢は砕いておきましょう、あはは。

SPLは良いアウトボードをたくさん出しているので機会見て導入してみたいなあ、特にマスタリング系のハイエンドEQ、、、なんつて。


AVID Pro Tools HD 8

AVID Pro Tools HD 8 Accel2、業界標準DAWシステム。昨年リニューアルの際、何気に導入。

PTHD

ウチは長いことSamplitudeがメインだったのですが独特の柔いカラーがあるので硬めの音のDAWと使い分けたい欲求がぼちぼちあって、結局迷った挙句消去法でProToolsHDになりました。業界標準DAWにたどり着くまで10年かかりました。あはは。

さて、PTHDのDSPはほとんどトラック走らせることに使っており。ミックス時にあまりTDMプラグインを使わずほとんどUAD2プラグインで完結します。UAD2はHD Accelより全然速い上、ウチはUADプラグインはほぼ全部持っているので全然不都合なし。既に欧米でPTHD+UAD2がスタンダードになっているという時勢を知った上で導入したのだけどおもっった以上に快適でいいかんじ。

I/Oも純正じゃなくLynx Aurora16 w/LT-HDオプション。Lynx Aurora16は持っていたのでLT-HDオプションだけで対応。と、言うかそういえばLynxを選んだ時点でPTHDは想定内だったかと。192i/Oよりも安いけど音は良いよっと。

過去にディスってたアマツールスことdigidesignのPTLEと違い、流石HDは世界のエンジニアのフィードバックを元に発展してきたDAWシステム。エンジニア脳よくわかってますな、昔より音も良いし、使いも易し。

やっぱり使うなら、アマツールスではなくプロツールスにしましょう。

Antelope Audio Isochrone OCX

Antelope Audio のマスタークロックジェネレーターIsochrone OCX。プロ界隈ではもう、ご存知、スタンダードですね。リニューアルに合わせて導入しましたよっと。これをマスターにすると音の曇りが晴れて、音がビシッとするんですね。
それだけの機器(笑。

ocx2

デジタルオーディオにおけるクロックの大事さなどは語られ尽くされていますけど若干おさらい。デジタルデータはデジタルですがこれを転送するクロックはアナログです。テープデッキのリールの回転、レコードの回転の正確さに相応します。
アナログと違ってデジタルはクロックの遊びによって、少し隣のデータと擦れるだけで微量のイラッとするノイズがでます。ジッターがああとか言うそれです。デジタルではクロック(回転?)の遊びによるアナログの様な気持ちいよい変調効果はでませんから単純にひたすら正確なほうが良いのですね。

このアンテロープOCX。普通のクロックの100倍くらい高い特殊な軍用クロックを積んでます。並より4倍から6倍精度が高いとな。効果に対して割安なので良ってこと。ちなみに宝くじが当たればisochrone10Mと言うルビジウムクロックも追加もできます。まず当たんねーけど。

知人のエンジニアにコイツはおすすめっと言われて入れましたが、、、デジタルオーディオ無くして生きられない、可哀想な現代人みんなにおすすめです、残念。 

ProAc Studio100

ProAc のモニタースピーカー、Studio100。リニューアルしたウチの新しい耳。相変わらず日本でのスタンダード品じゃないけど見たことある人、意外と多いんじゃないかと。

ProAc


米国でポストYAMAHA NS10Mとして売り出しているパッシブモニタースピーカー。海外著名スタジオ、エンジニアが結構使ってる。日本ではゴウホトダ氏が使っていることで有名。

自分は、長くATCのSCMモニターを好んで使っていて己のミックスをする為に欠かせないものだったんだけど、昨今“一人称だけでは成長に限界があるなぁ”と感じていて。他の人の感覚を勉強したいと思う衝動の中、諸兄のすばらしい経験値にあやかるべくあえて導入。

俺流、初めて10年目。ようやくジェネラリストに向けてスタートした気分。

そんなStudio100、高域にややクセありますがワイドレンジ&ほぼフラット。慣れるまで大変でしたがやっぱり流石、良いモニタースピーカー。

ゴールデンイヤーの持ち主達がこのスピーカーで何を見て何を判断するのかを初心に戻って目下勉強中。



新しいPhat tuesday soundのウェブサイト

新しいphat tuesday sound のブログnews&more

Universal Audio UAD2 Quad

以前も紹介したご存知、DSPプラグインボードです。UAD1からUAD2になりました。もう定番といっていいかな?うちではとっくにメシア扱いですがね。

何が変わったとかはあまり無いのですがとりあえず10倍くらいDSPが速くなったらしく、同時に使えるエフェクトの数がとってもふえた。あとプラグインレーテンシーが全然短くなっていい感じ。補正機能付DAWであってもプラグイン直列するとプレイバックに少し待たされた感あったけどほぼ体感ゼロにて快適。

e50ef300.jpg


以前の己のUAD1ブログを見直してみたのですがNEVE33609がすげーいいけど ちょー重え。なんて書いておりまして過去に自分を哀れむことすらできます、あはは。今となっては懐かしいす。とにかく素敵なプラグインがガンガンさせちゃう。これがまー楽しくて、NEVEを並べてNEVEコンソールが家にやってきたぜーとか、ハリソンEQ並べまくってマイケルジャクソン ミックスとか、SSLのチャンネルストリップ並べれば勝ち組ごっことかまで出来る訳です。CDも売れなくなる訳だ(笑)。

それにつけても相変わらずここのプラグインはホントに良くて自分がミックスで使うプラグインはOxford EQとPSP Lexcon pcm42 Deley以外はすっかり全部UAD2。元々UADはダイナミクス系に定評ありなのですが今回あえてEMT系のリバーブやべす。と言ってみる。

実際、過去4年くらいリバーブはほぼ全部EMTエミュ使ってます。単純にネイティブ系が皆NGで消去法にのっとり、ずーっと使っているというのが現状だっただけど。TCのVSSとキャラ違いで使い分けてたので何気にONE of 最高と言っても良いかもしれない。濃厚系ではこれ以上を知らない。おすすめv

あと、やっとFATSOも出ましたね。オリジナル自体もデジタルアウトボードなので正当な移植進化といえるのではないかと。簡単にアナログ感をデフォルメして出せるのでやはり便利です。なぜこの機械が人気あったかもよく分かると思います。多くの方はこれでアナログ感注入欲を満足できるのでは?こいつもおすすめ。

今更技術的にUADが無いとミックスできないなんてことはないけど、デジタルプラグインのクセにカラーとトーンの広がりを選択できる所が音楽的に良いし、ミックスが俄然楽しく、速くなります。そこは本当にアナログ坊の自分も納得のポイント。デジタル技術ってすごいね、そこは素直に21世紀最高ってことで。

以上。
プロフィール

タグクラウド
  • ライブドアブログ